ウェストマンナ諸島 Historical of the Westman Islands (EWI)

ウェストマンナ諸島 (EWI)
Historical of the Westman Islands (EWI)

南アイスランドの沖合10kmほどの場所に浮かぶウェストマンナ諸島(Vestmannaeyjar)は15の島と30の岩礁から成り、1963~66年の海底火山噴火によって造り出された世界遺産となっているスルツエイ(Surtsey)も含まれています。ウェストマンナ諸島はアイスランドの歴史の中で外国人による襲撃や1973年に大噴火で島の3分の1が火山灰や溶岩におおわれるなど様々な苦難を乗 り越えてきた場所として知られています。名前の由来もヴァイキングが入植したころに、奴隷となっていたケルト人(ウェストマンと呼ばれていた)がノルマン人の主人を殺害し、この島に逃げ込んだことにあるといわれています。ウェストマンナ諸島周辺は海流の恩恵を受け、アイスランドでも有数の漁場が近くでシシャモやタラなど高い水揚げ量を誇っています。ウェストマンナ諸島唯一の有人島ヘイマエイ(Heimaey)へはレイキャヴィークからわずか20分の飛行です。ヘイマエイは世界でも有数のパフィンの営巣地や無数の海鳥が生息する場所として知られ、島の先端部ストゥルフブジ(Stórhöfði)近くでは夏の間、無数のパフィンが愛らしい姿を見せてくれます。夏には崖の海鳥の卵を集める伝統的な方法が実演されます。今でも蒸気を上げている標高225mのエルドフェッキ(Eldfell)、1973年のヘイマエイの噴火で島の約3分の1が溶岩に覆われ全島民が避難を余儀なくされた当時の噴火を物語る埋没した建築物や溶岩台地などをバスで周遊します。エルドフャッキの上からは島全体を見渡すことができます。バスツアーの後は自由行動となっていますので街中を散策することもできます。夏はオプションで約1時間半のボートツアー(別料金)への参加も可能。
写真はイメージ

 

ツアー

ウェストマンナ諸島 Historical of the Westman Islands

コード (Code) (EWI)

料金 (Price)

  大人(Adult) 子供(2~14 Child) 幼児(Infant)
通年 (All year) 310 Euro 50% 10%

往復の飛行機、空港使用料、税金(30 Euro)、バスツアー、ガイドが含まれています。
約1時間半のボートツアーはオプション、別料金(60 Euro)となります。

 

時間 (Duration) 7:15 ~ 17:50
10:30 ~ 18:40


航空便 (Flight)
  月~金
(Weekday)

(Weekend)
レイキャヴィーク発 (From Reykjavík) 7:45 10:30
ヘイマエイ発 (From Heimaey) 17:30 18:20
季節 (Season)
春~秋 (5 ~ 9) (May to Sep)
言語
Lang

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

Sun

注意事項 (Note)

レイキャヴィークでの送迎は含まれていません。
レイキャヴィーク空港ターミナルはHotel Natura奥です。ご注意ください。
空港チェックインは30分前を目安にお済ませください。
飛行機の搭乗に際し写真付身分証明書が必要です。
ヘイマエイで現地ツアーとなります。
喫茶、昼食は含まれていません。

一部散策が含まれますので歩きやすい服装でご参加ください。
航空便は天候により変更される事があります。