ツアー (Tours)

氷壁アイスチャレンジ Ice Challenge (IC)

ただ今調整中

スナイフェルス氷河登山 Snæfellsjökull (SG)

アイスランド西部につきだしているスナイフェルス半島(Snæfellsnes)。標高1445mと高くはないがアイスランドでも屈指の容姿を誇る有名な火山である。SF小説家ジュール・ヴェルヌが「地底旅行」の舞台の入口として取り上げている火山としても知られています。天候にめぐまれれば頂上からは西部アイスランドはもとよりグリーンランドまで見えるという。

ウェストフィヨルド絶景トレッキング King and Queen of Cliffs (V12)

アイスランド北西部に広がるウェストフィヨルズル(Vesturfjörður)。その入り組んだフィヨルドの海岸線や切り立った崖が続く景色は世界中の旅行者を魅了してやみません。

ソルスモルクとエイヤフャットラ氷河 Þórsmörk and Eyjafjallajökull (MT06)

山岳、氷河用に特別改造されたスーパージープで行く南アイスランド内陸部の至宝ソルスモルク(Þórsmörk)。レイキャヴィークを離れ、クエラゲルジ(Hveragerði)の高温地熱帯を抜けると南アイスランドの平野が目前に広がり、天気のいい日には遠くはウェストマンナ諸島(Vestmannaeyjar)まで見渡せます。裏側を通り抜けることのできる滝セリヤランドスフォス(Seljalandsfoss)へ。そのあとアイスランドでよく読まれている、ニャゥルスサガの舞台となった地域を通りソルスモルクへ。

天然温泉と氷河トレッキング Walk through Ice and Fire (IMG02)

アイスランドの天然温泉と氷河トレッキングをセットで楽しむツアー。レイキャヴィークから車でわずか45分のクウェラゲルジ(Hveragerði)は温泉湧き出る場所として知られ、斜面のいたるところに湯煙が上っています。街のはずれの川の上流に湧き出る天然温泉を楽しむ全体で2~3時間のトレッキングです。目的地はヘンギッキ(Hengill)近郊の川に湧き出る天然温泉です。

キョゥルルバス Kjölur Route (SBA610/610a)

レイキャヴィーク(Reykjavík)とアクレイリ(Akureyri)を結ぶ山岳道路F35を行く定期運行バス。レイキャヴィークからゲイシル(Geysir)、グトルフォス(Gullfoss)を抜けアイスランドきっての高温地熱地帯、ケルトリンガルフョッキ(Kerlingarfjöll)、クヴェラヴェットリル(Hveravellir)を行きます。

ヘクラ火山登山 Hekla Volcano (HV)

世界的に有名なヘクラ火山(Mt. Hekla)。中世には地獄の入口として知られ、現在でも約10年に1度の割合で噴火していいます。最近の噴火は西暦2000年。アイスランドで2番目に活発な活火山として知られています。ふともからの目安のとなると長時間は約4時間ほど。

フィムヴォルズハゥルストレッキング Fimmvörðuháls Volcano Hike (IMG14)

フィムヴォルズハゥルストレッキングコース(Fimmvörðuháls Volcano Hike)はエイヤフャトラ氷河(Eyjafjallajökull)とミィルダルス氷河(Mýrdalsjökull)の南アイスランドの2つの氷河の間を通りスコゥガル(Skógar)とソルスモルク(Þórsmörk)を行く約25kmのアイスランドでも屈指の人気を誇るトレッキングコースです。

天然温泉と洞窟探検 Hot Springs and Lava Cave (IMG06)

アイスランドは火山国で温泉と火山活動により造り出された洞窟がたくさんあります。レイキャヴィークから車で1時間とかからない場所で天然温泉とケイビング(洞窟探検)を1日のうちに楽しまめます。ヘンギッキ(Hengill)はアイスランドでも有数の火山地として知られ、2つの地熱発電所が稼働するほど活発な高温地熱地帯となっています。

グリィムル(滝)ハイキング Glymur Mountain Hike (GMH)

レイキャヴィーク近くのクワルフィヨルズル(Hvalfjörður)の一番奥に流れ落ちるグリィムル(Glymur)は落差が約200mとアイスランドで屈指の落差を持つ滝として知られています。駐車場からフィヨルドの奥まで2時間近く歩き、絶壁からの眺望を楽しむことできます。滝壺近くは入り組んだ崖となっていてはっきり見えないことがあります。定期バスが走っていないグリゥムルに行くにはこのツアーしかありません。
写真はイメージ

ページ