ツアー (Tours)

エルディング ホエールウォッチング Elding Whale Watching (EL01)

レイキャヴィークで一年を通じてホエールウォッチングを楽しむことができます。北大西洋に位置するアイスランドはホエールウォッチングに適した場所で夏にはミンククジラ、イルカ、スジイルカをよく観測できます。それに加えてザトウクジラ、ナガスクジラ、オルカを見る機会もあり、多くの人を楽しませてくれます。

白夜のホエールウォッチング Midnight Whale Watching (EL02)

北大西洋の高緯度に位置するアイスランドは夏の期間中ほぼ白夜となります。レイキャヴィークでも日没が22時以降と遅めのトワイライトとなります。アイスランドの夏のみに経験できる白夜のホエールウォッチング。トワイライトに輝く海をナガスクジラ、ザトウクジラ、ミンククジラなどを探しに行きます。

冬のホエールウォッチング Winter Whale Watching (EL03)

レイキャヴィークで一年を通じてホエールウォッチングを楽しむことができます。北大西洋に位置するアイスランドはホエールウォッチングに適した場所で冬でもミンククジラ、イルカ、スジイルカをよく観測でき、多くの人を楽しませてくれます。ゆっくりとレイキャヴィーク 港をはなれエルディング(Elding Whale Watchingが皆様をホエールウォッチングの場所へ案内します。

ヴァトナ氷河エアーツアー Splendid Simplicity (ESS)

アイスランド南東部に広がるヴァトナ氷河(Vatnajökull)はヨーロッパ最大の8,300平方kmの大きさを誇り、琵琶湖の12倍以上の大きさとなっています。白く広大なヴァトナ氷河とそのふもとに広がる黒い荒野はほかの場所では見ることができない対照的な景色となっています。

ウェストマンナ諸島 Historical of the Westman Islands (EWI)

南アイスランドの沖合10kmほどの場所に浮かぶウェストマンナ諸島(Vestmannaeyjar)は15の島と30の岩礁から成り、1963~66年の海底火山噴火によって造り出された世界遺産となっているスルツエイ(Surtsey)も含まれています。

リバーファン River Fun (RF)

アイスランドとラフティング。一度聞いただけでは想像すらできない組合せと思われがちです。しかし驚いてはいけません。氷河を水源とするアイスランドの急流はラフティングに必要な条件をきっちりと満たしています。リバーファンの名前に負けないラフティングを思う存分お楽しみいただけます。

ブラックアンドブルー Black & Blue (BB)

世界遺産シンクヴェトリル(Þingvellir)は現存する世界最古の民主議会が発足した場所だけでなく、大陸プレートの境界としても知られています。普段のツアーでは見ることのできない、割れ目ギャウ(Gjá)の水中での景色と地底に広がる洞窟の2つを楽しむことができます。簡単なランチもついてお得なプランです。

温泉さがし ホットスプリングハント Hot Spring Hunt (HSH)

アイスランドは言わずと知れた火山国で島の各地に温泉が湧きだしています。レイキャヴィークでも温水プールで体験できますが、それをもっと楽しく体験するには外に飛び出すのが一番です。目的地はレイキャネス(Reykjanes)の付け根に位置するクェラゲルジ(Hveragerði)。日本語に訳せば温泉場ともいえます。街の郊外には湯煙が立ち上り、地熱地帯であることが一目瞭然となっています。

シルブラ・ダイビング Silfra Diving (DSD)

世界でも有数の透明度を誇るアイスランドのシンクヴェトリルでダイビング。アイスランドとダイビングの組合せとなると誰でも不思議に感じます。アイスランドにある地球の割れ目ギャゥでのダイビングとなります。聞いただけで身も凍るような寒さがしますがドライスーツを着用し、アイスランドで快適にダイビングをお楽しみいただけます。

グリンダヴィーク4輪バギー ATV4x4 (ATV-xx)

アイスランドを覆う溶岩台地。レイキャヴィークも含まれているレイキャネス(Reykjanes)はブルーラグーン近郊も含め広大な溶岩台地で覆われています。その海岸線は黒い砂浜と切っ立た絶壁が連続しまるで別世界に来たかのような雰囲気を醸し出しています。ブルーラグーン近くでのアクティビティとなれば近くの港街グリンダヴィーク(Grindavík)から四輪バギーで溶岩台地を駆け抜けるツアーがおすすめです。

ページ