北アイスランド (North Iceland)

沈船ダイビング The Wreck Standard (ADW)

1847年にアメリカで建造された全長60m、幅11mのStandard号は北アイスランドのアクレイリ港に21世紀になった今も静かに沈んでいる。ドイツの漁業会社によって所有されていたが第一次世界大戦初期に沈没以来、誰にも邪魔されることなく海中に静かに眠っている。

北アイスランドウォーターサークル The Northern water circle (ADN)

北アイスランドウォーターサークルはフゥサヴィーク(Húsavík)近郊のネスギャゥ(Nesgjá)と湖、ロゥン(Lón)でダイビングまたはシュノーケリングです。アイスランドは 北米とユーラシアの2つのプレートの境界線となっていて、場所によっては裂け目または割れ目となっているギャウ(Gjá)を目にすることできます。また活発な火山活動により温水も湧き出ています。

エイヤフィヨルズル・ホットスポットダイビング Arnarnesstrýtur (ADA)

アクレイリ(アークレイリ)(Akureyri)近郊のダイビングでのおすすめはアルトナルネスストリィトル(Arnarnesstrýtur)。エイヤフィヨルズル(Eyjafjörður)の海底からそびえたつ熱水噴出孔によりできた煙突のような地形、アルトナルネスストリィトルは2007年より水中の保護地域として指定され、長さ1,000m、幅400mにわたって小さな熱水噴出孔により造り 出された煙突が海中に並んでいます。

アクレイリホットスポットダイビング Strýtan Dive (ADS)

アクレイリ近郊のダイビングでの一番の おすすめは、アイスランドで初めて登録された水中の保護地域、ストリィタン(Strýtan)でのホットスポットダイビング。ホットスポットとは火山活動 によりマグマの吹き上げてくる場所のことをいいますが、ホットスポットといってもマグマが吹き上げてくる場所でのダイビングはできませんので実際にマグマ が目の前で湧き出ていることはありません。

クラプラ溶岩トレッキング The Wilderness Lava Walk (STA043)

ミィヴァトン(ミーヴァトン湖)(Mývatn)北東部に1975年と1984年に噴火したクラプラ(Krafla)火山によってできた溶岩台地が人がっています。いまだに火山活動の力強さを感じさせる場所の一つとなっています。

デティフォス・スーパージープ Dettifoss Super Jeep (STA044)

北アイスランド1、2をあらそう迫力ある景色といえば、高さ44m、幅100mにわたって流れ落ちる瀑布、デティフォス(Dettifoss)。その迫力ある姿は映画「プロメテウス」にも出演しています。駐車場から20分ほど歩くことが必要ですが、近づくにつれて地面を揺るがすような音が響き、2カ所ある展望台から滝に近づくとその勢がより一層体全身に響いてきます。

シグルフィヨルズル Siglufjörður & Coastal Culture (STA006)

漁業国であるアイスランドにとってニシン(Herring)はなくてはならないもの。日本でも北国ではニシン御殿といわれる屋敷が建てられた時代もあるほど地域の経済を潤してきました。今日の アイスランドでは経済の仕組みが変わりつつあるとはいえ、アイスランドの発展の背後にニシンの恩恵があったというのは紛れもない事実となっています。

北アイスランド海の幸 Local Food - Coastline (STA102)

北アイスランド、アクレイリ(Akureyri)のあるエイヤフィヨルズル(Eyjafjörður)の海の幸を楽しむ、試食、試飲たっぷりのグルメツアー。アクレイリ近郊はフィヨ ルドと山に囲まれ、豊かな自然は旅人の好奇心を目だけではなく、空腹も満たしてくれます。

激流、東の怪物 Beast of the East (BE)

アイスランドとラフティング。似ても似つかない様な組み合わせがアドベンチャーツアーを作り出します。アイスランドの氷河を水源とするヨゥクルスアゥ(Jökulsá)での激流ラフティング。グレードも4+と世界でも折り紙つきのレベルとなっています。氷河を水源とする激流の水しぶきが参加者をさわやかに歓迎します。水温は低いですがドライスーツを着用するので心配無用です。

ページ