スナイフェルス国立公園 Snæfellsnes Natioanl Park (AH38)

レイキャヴィークからもその姿をはっきりとみることのできるスナイフェルス氷河(Snæfellsjökull)はスナイフェルス国立公園(Snæfellsnes Natioanl Par)として美しい自然が保護されているだけでなく、ジュール・ヴェルヌの「地底探検」の舞台となった有名な火山として知られています。

スナイフェルス氷河登山 Snæfellsjökull (SG)

アイスランド西部につきだしているスナイフェルス半島(Snæfellsnes)。標高1445mと高くはないがアイスランドでも屈指の容姿を誇る有名な火山である。SF小説家ジュール・ヴェルヌが「地底旅行」の舞台の入口として取り上げている火山としても知られています。天候にめぐまれれば頂上からは西部アイスランドはもとよりグリーンランドまで見えるという。

スプルレンギサンドル内陸部縦断 Sprengisandur (IOYO 17/17a)

アイスランド内陸部を南北に縦断するスプルレンギサンドル(Sprengisandur)。夏のごく限られた期間のみ山岳専用のバスが定期運行しています。レイキャヴィークからミィヴァトン(ミーヴァトン湖)(Mývatn)まで丸一日かかるが手の付けられていないアイスランドの大自然を体感できるバスルートとなっています。

ソゥルヘイマ氷河トレッキング Take a walk on the Ice Side (IMG01)

アイスランド国旗にも白であらわされているように国土の約1割を覆う氷河はアイスランドを特徴づける景色となっています。数百年をかけて形成された氷河はゆっくりと動きながら透き通るよ うにグレイシャーブルーに輝き、旅行者を魅了します。誰もが一度はあこがれる氷河トレッキング。アイスランドまで来て見過ごすわけにはいきません。

ソルスモルクとエイヤフャットラ氷河 Þórsmörk and Eyjafjallajökull (MT06)

山岳、氷河用に特別改造されたスーパージープで行く南アイスランド内陸部の至宝ソルスモルク(Þórsmörk)。レイキャヴィークを離れ、クエラゲルジ(Hveragerði)の高温地熱帯を抜けると南アイスランドの平野が目前に広がり、天気のいい日には遠くはウェストマンナ諸島(Vestmannaeyjar)まで見渡せます。裏側を通り抜けることのできる滝セリヤランドスフォス(Seljalandsfoss)へ。そのあとアイスランドでよく読まれている、ニャゥルスサガの舞台となった地域を通りソルスモルクへ。

ソルスモルクアドベンチャー Þórsmörk adventure (9/9a)

ソルスモルク (Þórsmörk)はエイヤフャトラ氷河(Eyjafjallajökull)の北にある三方を山に囲まれたアイスランドの大自然。1924年以来保護され世界各国からのトレッカーがその大自然を見ようとやってきます。アイスランドの内陸部まで行くことができなくでもソルスモルクを訪れるとその一部を味わうことができます。

ソルスモルク・フィムヴォルズハゥルス Þórsmörk/Fimmvörðuháls (IMG35)

2010年にヨーロッパはもとより世界各地の航空機の運航に支障をきたした火山噴火を起こした火山のあるエイヤフャトラトラ氷河Eyjafjallajökull)横をアイスランドの秘境、ソルスモルク(Þórsmörk)から2泊3日のトレッキングコースです。特別な経験がなくとも楽しむことのできるアイスランドで人気のトレッキングコース、フィムヴォルズハゥルス縦走となっています。

デティフォスグラントエアーツアー Dettifoss Grand Tour Reykjavik (NY05)

北アイスランドの見どころミィヴァトン(ミーヴァトン湖)(Mývatn)とその奥にある欧州一の水量を誇るデティフォス(Dettifoss)などの北アイスランドの秘宝ともいえる大自然をレイキャヴィークから日帰りで楽しむエアーツアー。ミィヴァトンとデティフォス周辺はアイスランドの地形をまとめたかのような景色の続く場所として知られています。

デティフォスグランドツアー Dettifoss Grand Tour (SBA JW)

アイスランドの地形を凝縮したかのような景色が続く北の秘宝ツアー。夏の期間だけ近づくことができます。アイスランドの歴史で重要な役割をはたした美しい滝ゴゥザフォス(Góðafoss)、水鳥の戯れるミィヴァトン(ミーヴァトン湖)(Mývatn)、ミィヴァトン地域の目印となっているのは約2,500年前の噴火でできた巨大クレーター、クヴェルフェッキ(Hverfjell)。

ページ