イスヘスタル乗馬 Lava Tour (D02)

アイスランドの馬は小柄で、とても気立てがよいことから未経験者でも安心して乗馬しやすいことで知られています。今から1,000年以上前にヴァイキングがアイスランドに移り住んだ時以来アイスランド人にとって馬は大切なものでした。最近は車社会となり、馬で移動することは少なくなりましたが、今でも80,000頭もの馬がアイスランドで飼育されています。

エアーアイスランド航空券 Air Iceland ticket (NY)

 

2017年2月からケプラヴィーク空港とアクレイリ空港間の定期便が運航します!

冬のホエールウォッチング Winter Whale Watching (EL03)

レイキャヴィークで一年を通じてホエールウォッチングを楽しむことができます。北大西洋に位置するアイスランドはホエールウォッチングに適した場所で冬でもミンククジラ、イルカ、スジイルカをよく観測でき、多くの人を楽しませてくれます。ゆっくりとレイキャヴィーク 港をはなれエルディング(Elding Whale Watchingが皆様をホエールウォッチングの場所へ案内します。

白夜のホエールウォッチング Midnight Whale Watching (EL02)

北大西洋の高緯度に位置するアイスランドは夏の期間中ほぼ白夜となります。レイキャヴィークでも日没が22時以降と遅めのトワイライトとなります。アイスランドの夏のみに経験できる白夜のホエールウォッチング。トワイライトに輝く海をナガスクジラ、ザトウクジラ、ミンククジラなどを探しに行きます。

エルディング ホエールウォッチング Elding Whale Watching (EL01)

レイキャヴィークで一年を通じてホエールウォッチングを楽しむことができます。北大西洋に位置するアイスランドはホエールウォッチングに適した場所で夏にはミンククジラ、イルカ、スジイルカをよく観測できます。それに加えてザトウクジラ、ナガスクジラ、オルカを見る機会もあり、多くの人を楽しませてくれます。

パフィンエクスプレス Puffin Express (PEX)

色鮮やかなくちばしと、白と黒の羽毛に覆われた体でアイスランドのマスコット的存在ともいえるパフィン(Ruffin)。日本ではツノメドリとしても紹介されることがある種類ですが毎年5月ごろからパフィンが北大西洋を越えアイスランドにわたってきます。

クジラエクスプレス Whale Express (WEX)

Icelandreamおすすめのレイキャヴィーク発のホエールウォッチングです。北大西洋に位置するアイスランドは近海にイルカ、ミンククジラ、スジイルカなどが生息しホエールウォッチングに適した場所となっています。レイキャヴィークのあるファクサフロゥイ(Faxaflói)にはナガスジラ、ザトウクジラ、オルカなども現れ多くの人を楽しませてくれます。スペシャルツアーのホエールウォッチング用高速船The Roseが北大西洋へくりだし、皆様をホエールウォッチングの場所へ案内します。

到着ブルーラグーンバス(片道/往復) Arrival via Blue Lagoon Bus(OW/RT) (BL12/11-xx)

世界でも屈指の大きさを誇る入浴施設を持つブルーラグーン(Blue Lagoon)。ケプラヴィーク空港からわずか20分。苔に覆われたレイキャネスの溶岩台地をバスで走り抜けると湯煙湧き上がるブルーラグーンが見えてきます。温水に含まれるミネラル分には美容、医用効果もあります。一度の入浴で爆発的な効果は期待できませんが、旅の疲れを少しでも癒してからアイスランドを楽しみませんか。

到着ブルーラグーン Arrival via Blue Lagoon (BL10-xx)

世界でも屈指の大きさを誇る入浴施設を持つブルーラグーン(Blue Lagoon)。ケプラヴィーク空港からわずか20分。苔に覆われたレイキャネスの溶岩台地をバスで走り抜けると湯煙湧き上がるブルーラグーンが見えてきます。温水に含まれるミネラル分には美容、医用効果もあります。一度の入浴で爆発的な効果は期待できませんが、旅の疲れを少し癒してからアイスランドを楽しみませんか。飛行機の到着に合わせてバスをご選択できます。入場料込のツアーなので別途入場券を予約する必要もありません。

ページ