レイキャヴィーク (Reykjavík)

ほろ酔いサガ Taste the Saga (AH150)

レイキャヴィークで楽しめるアイスランドで醸造されているビールの試飲ツアー。週末の夕方に少し時間をとるだけでアイスランドビールを味わいながらその歴史も楽しむことができます。醸造所ではビールだけでなく、アイスランドの蒸留酒の歴史についても知ることができます。

ゆったり乗馬 Day at the Farm (LXF)

アイスランドの馬は小柄でとっても気立てがよく、乗馬しやすいことで知られています。車社会となった今でも80,000頭もの馬がアイスラン ドで飼育されています。普段は忙しくて時間がないという人もアイスランドの美しい谷あいを乗馬で楽しむことができます。ヴァイキングが1,000年以上前にアイスランドに移り住んだ時以来、馬はアイスランド人にとって大切なものとして扱われてきました。

イスヘスタル乗馬 Lava Tour (D02)

アイスランドの馬は小柄で、とても気立てがよいことから未経験者でも安心して乗馬しやすいことで知られています。今から1,000年以上前にヴァイキングがアイスランドに移り住んだ時以来アイスランド人にとって馬は大切なものでした。最近は車社会となり、馬で移動することは少なくなりましたが、今でも80,000頭もの馬がアイスランドで飼育されています。

エルディング ホエールウォッチング Elding Whale Watching (EL01)

レイキャヴィークで一年を通じてホエールウォッチングを楽しむことができます。北大西洋に位置するアイスランドはホエールウォッチングに適した場所で夏にはミンククジラ、イルカ、スジイルカをよく観測できます。それに加えてザトウクジラ、ナガスクジラ、オルカを見る機会もあり、多くの人を楽しませてくれます。

オーロラハンティング(ジープ) Northern Light Explorer (NLE)

冬のアイスランドの夜空に舞うオーロラ。アイスランドはオーロラオーバルと呼ばれるオーロラの良く出現するところに位置しているので秋から春にかけてオーロラを観測することができます。レイキャヴィークでは街の明かりに邪魔されて見えにくいオーロラも郊外の暗闇に入るとはっきり見ることができます。目的地は当日の天候に合わせて晴れ間の見える場所へと向かいます。

オーロラボートツアー Northern Light by Boat (SNL)

アイスランドの夜空を美しく舞うオーロラ。オーロラツアーと聞くと、寒い冬空のバスや山小屋でオーロラの出現を待つイメージが強いのですが、海から眺めるオーロラも格別です。レイキャヴィークは北緯65度近い高緯度に位置していますが、メキシコ湾流(暖流)のおかげで海が凍結すつことがほとんどありません。レイキャヴィークから乗船し、約3時間のオーロラ探しに出かけます。

クジラエクスプレス Whale Express (WEX)

Icelandreamおすすめのレイキャヴィーク発のホエールウォッチングです。北大西洋に位置するアイスランドは近海にイルカ、ミンククジラ、スジイルカなどが生息しホエールウォッチングに適した場所となっています。レイキャヴィークのあるファクサフロゥイ(Faxaflói)にはナガスジラ、ザトウクジラ、オルカなども現れ多くの人を楽しませてくれます。スペシャルツアーのホエールウォッチング用高速船The Roseが北大西洋へくりだし、皆様をホエールウォッチングの場所へ案内します。

パフィンエクスプレス Puffin Express (PEX)

色鮮やかなくちばしと、白と黒の羽毛に覆われた体でアイスランドのマスコット的存在ともいえるパフィン(Ruffin)。日本ではツノメドリとしても紹介されることがある種類ですが毎年5月ごろからパフィンが北大西洋を越えアイスランドにわたってきます。

フライバスプラス(片道・往復) Flybus plus(OW/RT) (FBP01/02)

レイキャヴィークエクスカーションズ(Reykjavik Excursions)によって運行されているケプラヴィーク空港(Keflavík airport)とレイキャヴィーク(Reykjavík)のホテルを結ぶ空港連絡バス(途中ハプナフィヨルズル(Hafnarfjörður)ガルザバイル(Garðabaær)に停車することが

Pages